スポンサードリンク

アロマセラピストとは

一般の人にアロマトリートメントやコンサルテーションを含めたアロマテラピーを提供できる資格です。

プロのアロマセラピストとして、サロンなどで第3者にトリートメントなどを行うことが出来ます。

インストラクターと双璧をなす上級資格です。

アロマセラピスト試験の受験資格は、
アロマテラピーアドバイザー資格を取得していること、
日本アロマ協会の会員であることが必要となります。

アロマセラピスト学科試験、カルテ審査とボディトリートメントの実技試験があります。

すべての試験試験に合格し、登録手続を行うと認定されます。
カルテ審査、ボディトリートメント実技試験は、認定校で所定の講習を受けた場合には免除されます。


出題範囲
 
アロマテラピーの定義
精油学
基材論
健康学
解剖生理学
衛生学
心理学
コンサルテーション理論及び実習
ボティトリートメント理論
アロマセラピストの心得
ほか


アロマテラピーの資格

アロマテラピーインストラクターとは

プロとしてアロマテラピー教育を行うことを認める資格です。

地域の文化教室や専門スクールの講師として、教育活動に携わることのできる資格です。

インストラクター試験を受けるためには、アロマテラピーアドバイザー資格を取得した後に、受験可能となります。

試験に合格し、登録手続を行うと認定されます。


出題範囲

アロマテラピーの定義
アロマテラピーの歴史
精油学
基材論
解剖生理学
健康学
タッチング論
インストラクターの心得
ほか


アロマテラピーの資格

アロマテラピーアドバイザーとは

 アロマテラピーアドバイザー
 
プロとして販売に携わったり、一般の人に安全なアロマテラピーを指導できる能力を認める資格です。

アロマテラピー検定1級に合格後、協会に入会し、アドバイザー認定講習会を修了すると認定されます。

また、認定校に通っている場合は講習会は免除されます。


 講習の内容

「エッセンシャルオイルの安全性についての必要知識」「安全な使用方法」「アロマテラピーに関わる法律問題」など、


アロマテラピーの資格

資格の種類(アロマテラピー)

資格の種類(アロマテラピー)には下記ものがあります。
 
社団法人日本アロマ環境協会の認定するアロマテラピーの資格は、
プロとしての知識レベルを求められる会員対象資格であります。

アロマセラピスト
アロマテラピーインストラクター
アロマテラピーアドバイザー

一般対象資格である基本資格

アロマテラピー検定1級
アロマテラピー検定2級

の合計5つがあります。

アロマテラピー検定1級の合格後、日本アロマ協会に入会し、
「アロマテラピーアドバイザー」
「アロマテラピーインストラクター」
「アロマセラピスト」
の資格があります。

検定は、後につづく上位資格のステップとして位置づけられています。


 アロマテラピーの資格 

アロマテラピー検定

アロマテラピーの検定には、1級と2級があります。

アロマテラピー検定2級

「アロマテラピーを自分自身で楽しんだり、健康維持のために用いる知識の習得」を目的としており、
年齢や経験に制限なく受験可能です。受験要項を請求した後、受験申し込みを行い、検定試験を受けます。

 出題範囲
香りテスト(香りをかいで精油名を答える問題)
アロマテラピー利用法
安全のための注意
精油の基礎知識
精油のプロフィール10種
(イランイラン、オレンジ・スイート、ジュニパー、ゼラニウム、
 ティートリー、ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー、レモン、 ローズマリー)

アロマテラピーの歴史 
 ほか



 アロマテラピー検定1級

「家族や周囲の人に楽しんでもらったり、健康維持のために用いる知識の習得」を目的としています。
アロマテラピー検定試験は2級と同じ日に行われますが、受験時間が重複しない様になっている為、併願も可能です。

 出題範囲
香りテスト(香りをかいで精油名を答える問題)
アロマテラピー利用法と基材
安全のための注意
精油の基礎知識
精油のプロフィール20種
( イランイラン、オレンジ・スイート、ジュニパー、
  ゼラニウム、ティートリー、ペパーミント、
  ユーカリ、ラベンダー、レモン、ローズマリー、
  カモミール・ローマン、クラリセージ、
  グレープフルーツ、サンダルウッド、ネロリ、
  フランキンセンス、ベルガモット、マージョラム、
  レモングラス、ローズ・オットー )

精油が働く仕組み
ストレスや疲労に負けない健康学
アロマテラピーに関する法律
 ほか 


 アロマテラピーの資格 

日本アロマ環境協会とは(アロマテラピーの組織)

アロマテラピーにおいて、日本で大きな団体では「日本アロマ環境協会」があります。

日本におけるアロマテラピーの健全な普及と発展を目指す団体です。
アロマテラピーに関する正しい知識の普及、基礎的な調査研究、会員同士の交流、情報の交換、検定の実施や資格の認定などの活動を行っています。

  1996年に日本アロマテラピー協会(Aromatherapy Association of Japan=AAJ)として設立され、
 2005年に環境省の所管で法人化し、社団法人日本アロマ環境協会(Aroma Environment Association Of Japan=AEAJ)となりました。


アロマテラピーの資格

アロマテラピー(Aromatherapy)の資格の意義

アロマテラピーの資格の意義

アロマテラピーの世界は非常に奥が深いものです。
アロマテラピーのことを独学で学ぶのは困難なものです。
 
アロマテラピーの試験勉強などを通じて体系的に知識を深めるのはとても有意義なことです。

アロマテラピーの仕事に就きたいと考えている場合、
その知識を社会や他の人たちに認知してもらえます。
アロマテラピーの資格というのは大変有効です。

日本における、アロマテラピーの資格は、
社団法人日本アロマ環境協会の認定する「民間資格」です。

アロマテラピー資格がないと仕事に就けないというものではありません。
(サロンやショップによっては、有資格者を優遇するケースはあります)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。